洗顔から毛穴掃除ができる。そう聞くと実践したいという方も多いのではないでしょうか。
とはいえ、洗顔のしすぎは逆に肌負担を大きくし老化にもつながりかねません。
そこで、洗顔の正しい方法とケアを知って取り入れていくことが重要といえるのです。
では、簡単にできる洗顔の毛穴掃除方法について見ていきましょう。

予備洗顔をしっかりと

まず、洗顔料で顔を洗う前の「予備洗顔」について触れておきましょう。
これは、肌を良く温めて毛穴を開くという効果があるのです。
毛穴を開くことによって、洗顔料を使ったときに汚れが洗い流しやすくなるという効果が期待できます。
このとき、肌に熱いと感じない程度のぬるま湯が良いとされています。
37度前後がおすすめです。

ととのうみすとなどを使うのもおすすめ。

優しくこすりすぎないのがポイント

洗顔料を使う際には、ごしごしと手で洗うのではなく「泡で洗う」という感覚で行うとよいでしょう。
乾燥を防ぐという意味においても大切です。
そして、洗い流すときには十分に泡を落とすようにしましょう。
耳の周辺や額などには洗い残しができやすいので注意しましょう。

毛穴の汚れがそれでも気になるという方へ

もし、洗顔をしても毛穴の汚れが気になるという場合においてですが、入浴時などに優しくマッサージをすると良いでしょう。
そして、マッサージをして角栓をやわらかくした後に、コットンで角栓の両サイドにおくか指にガーゼをまきつけてV字に圧力をあけて角栓を押し出すと良いでしょう。
このマッサージを行った後は、念入りに保湿を行って毛穴を引き締めるようこころがけてください。
ペーストしては3日に1毒来駕おすすめですが、にきびができている・そのほか肌トラブルがあるというときは行わないようにしましょう。
また、温めていない肌状態で行うと傷つけてしまう可能性もありますので必ず温めた後に行うということを忘れないようにしましょう。
定期的にしていただくことによって、毛穴の目立ちも少なくなりますし繰り返すにきびにも効果的かとも思います。

洗顔と正しいケアが必要

今回は、毛穴掃除のための洗顔とケアについて考えていきました。
家にあるものではも十分にケアしていただくこともできますし、肌の状態をよくしてくれることもありますので改めて考えてみてはいかがでしょうか。
「反作用」を極力少なくした形で健やかな肌を目指していただけることと思います。
日常的な部分を見直してみることでお肌の状態がぐっと変わることもあるのです。

眉にはマユライズがおすすめですよ。